トップ > 岐阜 > 9月7日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

台風21号、停電なお1万5260戸

 台風21号の影響で、県内では六日も幅広い地域で停電が続いている。中部電力によると、午後六時時点で高山市や郡上市などの約一万五千二百六十戸が停電している。

 強風などによる被害も新たに判明した。県によると、六日夕までに住宅の半壊は三棟、一部破損は百十二棟に増加。山県市で続いていた住民の孤立は一部で解消したが、なお五世帯十人が残る。本巣市の三世帯四人の孤立は解消した。

 農作物の被害も県内全域に広がっているが、全容解明には時間がかかりそう。倒木などによる道路の通行止めも一部で続いている。

(杉浦正至)

◆中小や農業向け 県が窓口を開設

 台風21号で生産設備や農産物などに被害が出た中小企業や農業者を対象に、県は六日、資金繰りなどへの相談窓口を開設した。

 中小企業向けは県庁と県内の各県事務所七カ所、農業者向けは県庁と各農林事務所十カ所。相談時間は平日の午前八時半〜午後五時十五分で、県中小企業資金融資制度や県農業制度資金などの融資制度を案内する。

 (問)中小企業向け 県商業・金融課=058(272)8389、農業者向け 県農業経営課=058(272)8433

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索