トップ > 岐阜 > 9月5日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

御嶽山へ濁河温泉から 新登山道が8日に開通

新しく整備された木道=下呂市小坂町で(同市提供)

写真

 下呂市小坂町の濁河温泉から御嶽山(三、〇六七メートル)へ向かう新しい登山道が八日、開通する。従来の登山道は六月下旬の豪雨で、途中の谷に架かる「仙人橋」が流されて、一部通行止めになっていた。市によると、新登山道は従来より距離で五百メートルほど長くなるが、傾斜は緩やかになる。

 新登山道は、登山口から原生林を通る約一・三キロで、従来の登山道につながっている。市小坂振興事務所が、木道や階段などを整備した。通行止め以降、岐阜県側から御嶽山へは、高山市からの登山道に限られていたが、岐阜県側からのメインルートが復活する。

 市小坂振興事務所の山下賢太郎主査は「九月中旬からの紅葉シーズンに何とか間に合った。原生林の中を歩く気持ちいい道になったのでぜひ体験してほしい」と話した。

 (吉田幸雄)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索