トップ > 岐阜 > 9月4日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

明知鉄道で「枡酒列車」運行始まる

「枡酒列車」で乾杯する人たち=恵那市内で

写真

 恵那、中津川の両市を走る第三セクターの明知鉄道は、車内で日本酒と料理を楽しめる「枡酒(ますざけ)列車」の今年の秋季運行を始めた。十五日を除く九月の土曜日限定で、運行の五日前まで予約を受け付ける。

 利用者の要望を受け、冬恒例の人気列車を昨年に続いて秋にも用意した。午後零時二十五分に恵那駅を出発する列車内で、岩村醸造(恵那市岩村町)の「女城主」や「ゑなのほまれ」など、新商品の純米吟醸や店頭販売していない特別純米原酒を含む五種類の清酒が飲み放題となり、車窓の景色や特製弁当とともに味わえる。初日の一日は県外の人を含む二十二人が参加した。一日フリー切符を兼ねたオリジナル木枡と沿線の花白温泉の入浴券付きで四千五百円。(問)明知鉄道=0573(54)4101

 (吉岡雅幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索