トップ > 岐阜 > 9月3日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

地元中学生に「青トレ」指導 高山・下呂で合宿中の青学大陸上部

中学生を指導する原監督(中)と選手ら=高山市高根町で

写真

 高山、下呂両市にまたがる飛騨御嶽高原高地トレーニングエリアで合宿中の青山学院大陸上競技部が1日、高山市高根町の日和田ハイランド陸上競技場で、地元の中学生向けの陸上教室を開いた。

 同部は今年の箱根駅伝で4連覇を達成した強豪。原晋監督や選手ら27人が、両市の5校の陸上部から参加した約70人の生徒を指導した。

 生徒は、同部独自の準備体操「青トレ」を体験。選手から「ボールを蹴るように足をスライドさせて」と、例えを交えた説明を受けながら取り組んだ。最後に意見交換会があり、生徒たちが「チームとしてのこだわりは何ですか」「スタート前にしているルーティンはありますか」などと質問。選手は自身の体験をもとに丁寧に答えていた。

 高山市中山中3年の砂場育夢(いくむ)さん(14)は「テレビで見たことのある選手と一緒に練習できてうれしかった」と笑顔を見せた。同部主将で4年の森田歩希(ほまれ)さん(22)は「中学生に教えるのは新鮮で、元気をもらえた」と話した。

 教室は、両市と県などでつくる「飛騨御嶽高原ナショナル高地トレーニングエリア推進協議会」が毎年開いており、今年で3回目。

 (西浦梓司)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索