トップ > 岐阜 > 8月30日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

愛された水の町、さくらさん悼む 郡上八幡旧庁舎記念館に記帳台

さくらももこさんの死を悼んで記帳する親子=郡上市八幡町で

写真

 乳がんのため五十三歳で亡くなった漫画家さくらももこさんがファンとして度々訪れた郡上市八幡町の郡上八幡旧庁舎記念館に、記帳台が二十九日に設置され、多くの観光客らが次々と記帳して早世を悼んだ。

 さくらさんは水のきれいな郡上八幡にほれ込み、水のキャラクター「GJ8(ジージェーエイト)マン」を二年前に考案。地元の人に親しまれ、新たな看板キャラとして成長しており、郡上八幡産業振興公社が記念館内にあるGJ8マンの等身大パネルの前に記帳台を設置。代表作の人気漫画「ちびまる子ちゃん」の絵と花も飾られ、県内外から訪れた人が次々に記帳し、写真に収めていた。

 郡上の川を楽しみに訪れたという各務原市の岩田佳代子さん(40)は、漫画雑誌「りぼん」のデビュー当初からのファンで「ちびまる子ちゃんの子ども離れしたシュールな視点に共感した」と話す。乳がんで闘病していたことに「ひとごととは思えない」と悼んだ。次男の央祐(おうすけ)君(小学六年)は、幼いころからテレビアニメを楽しんでおり「これからもファンでいたい」と話していた。記帳台の設置は九月三十日まで。

 (林勝)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索