トップ > 岐阜 > 8月24日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

2000枚のレコード収集、1枚200万円の品も 関・清水さん「聴きに来て」

2000枚のレコードのコレクションを前にする清水さん=関市馬場出で

写真

 関市馬場出の清水忠幸さん(89)が、クラシック音楽を中心に二千枚のレコードを趣味で収集した。自宅の離れに、手回しの蓄音機でレコードをかける鑑賞専用の部屋も設けており、「自分で聴くだけではもったいない。気軽に聴きに来て」と呼び掛けている。

 レコードを集め始めたのは、関商工高校(関市)の助手として勤務し始めた一九五〇(昭和二十五)年ごろ。終戦直後からクラシック音楽をラジオで耳にし、「いずれ自分の手元に置きたい」と、給料をためてベートーベンの「運命」を購入したのが最初だった。

 「好きなことにとことん打ち込む性格」といい、その後も中学の国語教員として勤める傍ら、県内外の店に赴いて次々にLP盤やSP盤を買い集め、手回し蓄音機も購入。収集品の中には、五〇年ごろに米国で発売され、今では一枚二百万円もするという貴重なレコードもある。

 もう一つの趣味だった温室での園芸が体力的にできなくなった二〇〇〇年ごろに、自宅敷地内に離れを建て、音楽鑑賞専用の部屋を作った。現在でも東京や京都、大阪の業者からカタログを取り寄せ、お気に入りのレコードを集めている。

 十年ほど前までは蓄音機を自宅から喫茶店や公民館に持って行き、レコードを披露していたが、最近はその機会がほとんどなくなったという。「クラシック音楽やレコード盤に興味がある人は気軽に連絡してほしい」と話している。(問)清水さん=0575(22)3051

 (鈴木太郎)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索