トップ > 岐阜 > 6月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

キャラメル味のミルクプリン 美濃酪連、5年ぶり復活

写真

 美濃酪農農業協同組合連合会(美濃酪連、美濃市生櫛)は、キャラメル味の「キャラメルミルクプリン」の発売を六月から約五年ぶりに再開した=写真。

 従来品の「ひるがのミルクプリン」と同じく滑らかな味わいが特徴。美濃酪連が扱う生乳を50%使用し、イタリア産キャラメルペーストを練り込んでいる。当時は少量の生産ができず、採算性から二〇一三年九月を最後に製造販売をやめていた。その後、少量の生産が可能となり、販売再開を求める消費者の声に応え、復活させることにした。

 三個入りパックで税込み百八十円。美濃酪連の本所直売店(美濃市)、東濃直売店(中津川市)や関市と可児市にあるJAめぐみのの直売店「とれったひろば」などで販売し、今後は近隣のスーパーにも出荷していく。板谷亮太総務課長は「ひるがのミルクプリンの姉妹品として、息の長い製品にしたい」と話している。

 (鈴木太郎)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索