トップ > 岐阜 > 4月4日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

明知鉄道で楽しい旅を 朝ドラちなんだ1日切符を発売

券の半分が青い特製の1日フリー切符=恵那市の明知鉄道恵那駅で

写真

 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の放送開始に合わせ、沿線がロケ地になった恵那、中津川市の第三セクター「明知鉄道」が、特製の一日フリー切符の販売を始めた。券の半分が青色で恵那市の恵那駅などで取り扱う。

 ドラマのタイトルにちなみ、白地の切符の半分に青空を印刷。県のキャンペーン「青い、岐阜」のロゴも入れた。

 恵那−明智駅間の全線が限定五百枚で千三百九十円。岩村駅近くの商店街で撮影があったことから、恵那−岩村駅間も九百六十円で限定千枚を販売する。

 駅員に申し出た上で切符を持ち帰ることもできる。明知鉄道の担当者は「ロケ地を見に来た人に沿線を楽しんでもらえたら。切符は記念に持ち帰って」と呼び掛ける。

 切符購入者に限り、岩村駅近くの九店舗で利用できる六百円分の商品引換券「おとくーぽん」(一セット三枚つづり)が、恵那駅で通常価格から二百円引きの三百円で買うことができる。値引きは千五百セット限定。(問)明知鉄道=0573(54)4101

◆花見弁当や寒天グルメ列車運行

「寒天列車」で提供される料理=恵那市内で

写真

 恵那、中津川市を走る第三セクターの明知鉄道で、恒例の「寒天列車」と「おばあちゃんのお花見弁当列車」の運行が始まった。

 いずれも一日に運行を開始し、恵那市の恵那駅を午後零時二十五分に出発して明智駅まで二五・一キロを走り、車内で料理を提供する。

 寒天列車(一人五千五百円、九月三十日まで)は同市山岡町の特産品の細寒天をふんだんに使った会席料理を出す。新型車両のイラスト入りタオルと寒天スープの土産も付いている。

 お花見弁当列車(一人二千五百円、四月三十日まで)は車窓の景色とともに、市内の道の駅「おばあちゃん市山岡」の特製弁当を楽しむことができる。

 料金は一日フリー乗車券を含む。沿線の岩村駅周辺がNHK連続テレビ小説「半分、青い。」のロケ地として注目されており、担当者は「この機会に地域の魅力を知ってほしい」と呼び掛ける。

 寒天列車は七人、お花見弁当列車は十人以上の予約があった場合に運行する。祝日を除く月曜日は運休。五日前までに予約する。(問)明知鉄道=0573(54)4101

 (吉岡雅幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索