トップ > 岐阜 > 11月4日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

鈴木ちなみさんらの時代絵巻 養老公園で元正天皇行幸

献上された滝の水を手に取った元正天皇役の鈴木さん(右)=養老町の養老公園で

写真

 奈良時代に養老の地を訪れた女帝・元正天皇の行幸を再現する「元正天皇行幸行列」が三日、養老町の養老公園で開かれた。元正天皇に扮(ふん)した女優鈴木ちなみさんらが、行幸遺跡から養老の滝までの一キロを練り歩いた。

 養老改元千三百年祭のメイン行事の一つ「養老改元フェスタ」の呼び物。当時の装束をまとった鈴木さんが輿(こし)に乗り、美濃守(みののかみ)役の大橋孝町長や、楽隊や衛士、女官ら三十六人とともに出発。沿道には多くの観光客らが詰め掛け、鈴木さんは手を振って応えた。

 養老神社では滝の水が酒に変わったという養老孝子伝説を基にした寸劇があり、滝前広場では女官らが滝の水を献上し、天皇が手に取る姿が演じられた。

 昨年のプレフェスタに続いて天皇役を務める鈴木さんは「多くの人に来てもらえた。養老の滝を訪れ、元正天皇も感じたであろう気持ちを体感してもらえれば」と話した。

 四日午後一時から鈴木さんも出演する「天平衣装子ども行列」、五日午後一時からは鈴木さんと町観光・広報大使の俳優敦士さんのトークショーがある。

 (生田貴士)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索