トップ > 岐阜 > 10月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

力合わせヒノキ間伐 中津川・神坂小児童が体験

ヒノキにのこぎりをいれる児童ら=中津川市阿木の根の上高原で

写真

 中津川市神坂小学校の四年生十二人が十二日、市内の根の上高原を訪れ、間伐や自然観察などの体験学習をした。

 森や山への関心を関心を高めようと、名古屋市のNPO法人「水とみどりを愛する会」が主催し、根の上高原の自然体験工房NENOなどが協力した。

 午前はNPOの案内役の引率で、森林を散策。サルナシやアケビの実を食べ、ササの葉で笛や舟を作った。

 午後は、手賀野生産森林組合が管理する森で間伐に挑んだ。川上純利組合長が、ビー玉ほどの大きさのヒノキの実を見せ、苗を育てる過程を説明。チェーンソーで木を切る様子を見学した後、交代しながら太さ十センチほどのヒノキにのこぎりを入れた。

 倒す方向に切れ目を刻み、最後はロープで引っ張った。立ち木を切るのは初めてという西尾結衣さん(10)は「のこぎりをひくとき、すごく力が要った。木が倒れると、空が明るくなった」と話していた。

 (福本雅則)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索