トップ > 岐阜 > 10月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

タイルと釉薬、関係は? 多治見で特別展

会場にはガラス容器に入った色とりどりの顔料が並ぶ=多治見市モザイクタイルミュージアムで

写真

 陶器のタイルと釉薬(ゆうやく)の密接な関係に注目した特別展「工場賛歌〜釉薬編」が、多治見市笠原町の市モザイクタイルミュージアムで開かれている。あまり知られていないタイルの釉薬の世界を、顔料や試作品タイルを通じて知ることができる。十一月二十六日まで。

 同館によると、タイルは建物の壁面などに使われるため、同じ発色をする釉薬が大量に必要となる。そのため、東濃地域には発色専門の顔料、釉薬メーカーができた。

 会場には、釉薬原料を細かく砕く「ポットミル」やタイルに釉薬を吹き付ける「スプレイガン」など釉薬工場で使われる道具など約四十点が並ぶ。

 釉薬の製造工程を分かりやすく紹介した写真パネルのほかガラス容器に入った二十色の顔料も見応えがある。タイル加工会社との取引が多い顔料、釉薬メーカーの職人たちが、発色にこだわった試作品タイルも展示されている。

 展覧会は、二〇一六年九〜十二月に開催した特別展「工場賛歌〜原料編」を引き継いだ企画。資料は瑞浪市陶磁資料館や地元の業界関係者などの協力を得て紹介している。

 会期中は参加者が業界関係者と交流できるイベントも企画。十四日午前十時〜正午には釉薬製造「カクジン」(土岐市駄知町)の水野清司社長を招いたトークイベント、二十日午前九時〜午後二時にはタイル製造工場を見学するツアーがある。

 月曜休み。午前九時〜午後五時。一般三百円、高校生以下無料。(問)同ミュージアム=0572(43)5101

 (篠塚辰徳)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索