トップ > 岐阜 > 10月5日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

92歳女性死去、司法解剖へ 高山施設5人死傷

 高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で、七月末から入所者の男女五人が相次いで死傷した問題で、胸の骨を折るなどの重傷で入院した同市丹生川町の横山秀子さん(92)が三日、自宅で老衰のため死去した。高山署に特別捜査本部を設置し、事件と事故の両面で捜査している県警は、五日に横山さんの遺体を司法解剖して、一連の問題の全容解明を進める。

 遺族は本紙の取材に「生きている間に真相が明らかになってほしかった。本当はおばあちゃんを連れて行ってほしくなかったけど、調べるなら、徹底して調べてほしい」と話した。

 関係者によると、巡回中の施設職員が八月十五日午後、部屋にいた横山さんの胸にあざを見つけ、病院に救急搬送した。横山さんは肋骨(ろっこつ)骨折のほか、外傷性血気胸と診断され、そのまま入院した。約一カ月後に退院し、別の介護施設に入所したが、九月二十五日に体調を崩したため自宅で療養していた。

 県警によると、それいゆでは七月末から半月の間に、いずれも入所者の、男性(80)が窒息、女性(93)が脳挫傷、別の女性(87)が外傷性血気胸で、相次いで死亡。さらに、横山さんと女性(93)が、いずれも胸部に大けがを負って入院した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索