トップ > 岐阜 > 9月25日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

三味線や箏、伝統の音響く 羽島で岐阜邦楽大会

箏を演奏する出演者=羽島市の不二羽島文化センターで

写真

 岐阜邦楽協会(岐阜市)の加盟団体による岐阜邦楽大会(中日新聞社後援)が二十四日、羽島市の不二羽島文化センターであった。県内の二十二団体の計約六百人が参加し、箏や三味線などの演奏や民謡の披露があった。

 大会は協会に加盟する団体が年一回開く合同の演奏発表会。箏、尺八、三味線の三曲合奏による古典曲「六段の調」や、人気グループAKB48の「365日の紙飛行機」といった流行歌などの演奏もあった。

 協会の高井秀子会長(75)=岐阜市西改田=は「岐阜の地で日本の伝統芸能をこれからも守り続けたい」と話した。

 (沢田石昌義)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索