トップ > 岐阜 > 9月24日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

大垣ミナモ、初日快勝 2本塁打で流れつかむ

本塁打を放ち、仲間に出迎えられる下條選手(左)=大垣市浅中公園総合グラウンドで

写真

 第五十回日本女子ソフトボールリーグ二部ホープセクションの第四節大垣大会は二十三日、大垣市浅中公園総合グラウンドで始まった。悲願の一部昇格を目指す大垣ミナモソフトボールクラブは、ドリームシトリン(愛知県一宮市)を4−1で破り、一勝をあげた。

 大垣ミナモは五回、先頭打者の田島萌愛選手が右越えの本塁打を放って流れをつかんだ。その後、1死二、三塁とし、下條さくら選手の中越えの本塁打で一挙に3点を入れ、試合を決めた。

 大垣ミナモの溝江香澄監督は「選手は結果を出してくれた。二日目も気を緩めずに頑張ってほしい」と話した。

 二日目の二十四日は午前十時半からペヤング(群馬県伊勢崎市)、午後一時からは東海理化(愛知県大口町)と対戦する。

 (長永みづき)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索