トップ > 岐阜 > 9月23日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

飛騨川に珍客現る アユの網にオオサンショウウオ

アユ漁の置き網に掛かったオオサンショウウオ=下呂市東上田で

写真

 下呂市東上田の飛騨川で二十二日、国の特別天然記念物のオオサンショウウオが見つかった。市教委によると飛騨川で見つかるのは極めて珍しい。特別天然記念物は飼育できないため、発見場所より少し下流で放された。

 益田川漁協組合員の今井清さん(72)=同市森=と、日下部賢司さん(69)=同=が午前九時ごろ、前日夕に仕掛けたアユ漁用の置き網を引き揚げたところ、網に掛かっていた。体長約七〇センチ、体重約三キロで、性別は不明。今井さんによると、発見時はサワガニを三、四匹食べていたという。

 今井さんは「五十年来、アユの置き網漁をしているが、オオサンショウウオを見るのは初めて」と話す。駆け付けた漁協の桂川豊参事は「八月二十一日にも萩原町上村の飛騨川沿いで確認されたと聞いた。川の水質がきれいになった証しでは」と顔をほころばせた。

オオサンショウウオ発見時の様子を説明する今井さん=下呂市東上田で

写真

 市教委などによると、金山町に旧町の指定生息地があったほか、馬瀬地区でも一九八四年に確認例はあるが、下呂、萩原地域では珍しいという。本来、湿地帯で暮らすオオサンショウウオが飛騨川で見つかったことについて、市教委の関係者は「支流の谷に生息していた個体が、本流に入ったのではないか」と推測した。

 (松本芳孝)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索