トップ > 岐阜 > 9月22日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

御嶽山噴火まもなく3年 犠牲者追悼で下呂に献花台

犠牲者や行方不明者を思い、献花台の前で合掌する登山者=下呂市小坂町の御嶽山岐阜側登山口で

写真

 死者・行方不明者六十三人を出した御嶽山噴火から二十七日で三年となるのを前に、下呂市は同市小坂町落合濁河の御嶽山岐阜側登山口に、犠牲者を悼む献花台を設置した。十月四日まで。

 二十一日は、三重県東員町から日帰り登山に来た公務員中村直靖さん(44)が、献花台に向かって合掌し、目を閉じて黙とうをした。「山に登る仲間として行方不明者が早く見つかることと、亡くなった人の冥福を祈りました」と話していた。

 犠牲者を慰霊し、噴火の悲劇を風化させないように、市は噴火翌年の二〇一五年から毎年、九月二十七日の前後一週間程度、献花台を設けている。

 (松本芳孝)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索