トップ > 岐阜 > 9月22日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

瑞浪土砂崩れの現場検証 県警、廃棄物法違反の疑い

土砂崩れが起きた場所を現場検証する県警の捜査員ら=瑞浪市で、本社ヘリ「あさづる」から

写真

 車四台が巻き込まれた瑞浪市釜戸の中央自動車道沿いの斜面で起きた土砂崩れで、県警は二十一日、近くの窯業原料メーカー「丸釜釜戸陶料」が崩落現場に窯業廃棄物を不法投棄した疑いがあるとして、廃棄物処理法違反の疑いで、崩落場所を現場検証した。

 この日は捜査員約二十人が、崩落場所の状況を確認し、廃棄物の量や種類などを調べた。県警は八月下旬に同社の本社や工場を家宅捜索しており、現場検証の結果も踏まえて、同法違反容疑で立件する方針。

 土砂崩れは、八月十八日に発生。中央道に流入した白い汚泥に車四台が巻き込まれ、計六人が重軽傷を負った。

 県は九月十五日、廃棄物の全量撤去を求める措置命令を同社に出した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索