トップ > 岐阜 > 9月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

遊び心いっぱい、美濃焼の食器 土岐で小栗さん作品展

会場で自身の作品を手にする小栗さん=土岐市の下石窯元館で

写真

 美濃焼伝統工芸士の小栗正男さん(72)=土岐市妻木町=の作陶展「えがおの食卓3」が同市下石町の下石窯元館「ギャラリー翔」で開かれている。三十日まで。

 小栗さんは県陶磁器訓練校を卒業後、多治見市内の製陶所でデザイナーとして経験を積み、二十九歳の時に独立して陶房「点窯」を開いた。三年前からは「えがおの食卓」と銘打ったシリーズ展を毎年開き、器を通じた食卓のだんらんへの思いを作品で表現している。

 今年は鼠(ねずみ)志野の茶わんや湯飲みを中心に八十点を展示した。来年の戌(いぬ)年にあやかり、手招きをする犬の置物や犬が寝転んだ姿の箸置きも披露した。クリの樹皮を混ぜた釉薬(ゆうやく)で柔らかく明るい茶色に仕上げた急須もある。

 小栗さんは「実用品にもユーモアがないと後世に残っていかない。遊び心を理解してくれる人がいるとうれしい」と話した。

 (問)同館=0572(57)3528。月曜休館。十八日は祝日のため開館。

 (斎藤航輝)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索