トップ > 岐阜 > 6月19日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

「さをり織り」個性感じて 岐阜で障害者施設利用者の作品展

色鮮やかな作品が並ぶ会場=岐阜市のぎふ清流文化プラザで

写真

 神戸町神戸の知的障害者支援施設「西美濃の里 工房TAKE」の利用者が織り上げた「さをり織り」の作品展が十八日、岐阜市のぎふ清流文化プラザで始まった。七月二十六日まで、入場無料。

 さをり織りは専用の織機で仕上げる手織りの一種。展示会は、県や県教育文化財団が主催した。

 会場には、施設を利用する九人がさまざまな素材や色の糸を使って織り上げた作品や、その織物を使いデザイナーが製作したワンピースなど約四十点が並ぶ。長さが十メートルにもなる大作もある。

 施設で織り方を指導する馬渕敦子さん(77)は「さをり織りは自分を表現しやすい織物。作品一つ一つの違いや作者それぞれの個性を感じてほしい」と話している。

 (北村剛史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索