トップ > 岐阜 > 5月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

武将隊ショーなど人気 「天下の楽市」始まる

おもてなし武将隊のステージに見入る来場者ら=岐阜市の川原町広場で

写真

 戦国武将・織田信長の岐阜城入城四百五十年を記念したイベント「ぎふ信長“天下”の楽市」が十三日から二日間の日程で、岐阜市堤外の川原町広場で始まった。

 朝から雨が降る中、岐阜にちなんで公募した料理の披露や、各地の人気武将隊のショーなどがあり、戦国ファンや親子連れでにぎわった。

 市などでつくる「信長公450プロジェクト」の実行委員会が企画。岐阜をPRするレシピを募った「信長公いくさめしレシピコンテスト」でグランプリに輝いた「信長公 いくさ味噌汁(みそしる)」「心づくしの鮎(あゆ)湯漬け」(いずれも百円)を先着四百五十人に販売した。みそ汁を食べた岐阜市岩野田北小学校二年の桑原杏羽(ももは)さん(7つ)は「具がいっぱいで、ダイコンとお肉がおいしかった。もう一回食べたい」とはにかんだ。

 インターネット通販サイト「楽天市場」で人気のスイーツを販売するブースのほか、岐阜や熊本、埼玉のおもてなし武将隊のステージショーもあり、来場者が写真を撮って楽しんでいた。十四日も午前十時〜午後五時に開催する。

 (兼村優希)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索