トップ > 岐阜 > 5月5日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

朝渡御 燃える男衆魂 神戸山王まつり

たいまつの火に先導され、みこしを担いで川を渡る男衆=神戸町神戸で

写真

 火祭りとして知られる「神戸山王まつり」が3、4日の両日、今年で創建1200年を迎える神戸町神戸の日吉神社一帯で開かれた。

 4日午前零時に始まった朝渡御では、男衆が7社のみこしを担ぎ、たいまつに照らされた参道を「うんにょい、うんにょい」と声を上げて疾走。クライマックスの庄九郎川ではみこしごと突っ込み、水しぶきをあげながら川を渡る男衆に、観客が拍手と歓声で迎えた。

 (吉本章紀)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索