トップ > 岐阜 > 4月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

Uターンで返済免除 県、県外進学者向け奨学金

 県は十三日、進学で県内を離れた学生向けの奨学金の利用募集を始めた。卒業後、半年以内に県内に戻り、県内に本社か本社機能がある地元企業で五年間働けば、返済を免除する。昨年度に創設し好評だったため、定員を二割増の百二十人に拡大した。

 大学と短大、高専のほか、本年度から専門学校に通う学生も新たに対象とした。

 月額三万円で、最長の四年間貸与を受けた場合、奨学金の合計額は百四十四万円になる。

 県によると、県内の高校生の八割が県外に進学し、多くは戻ってこない。人口減少に加えて企業の人手不足感も高まり、若者のUターン促進と定着が急務となっている。

 募集は六月九日まで。応募多数の場合、学業成績などを審査し選考する。申請書は県のホームページから入手できる。(問)県移住定住まちづくり室=058(272)8078

 (近藤統義)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索