トップ > 岐阜 > 1月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

FC岐阜の益山選手が引退 スクールコーチ就任へ

益山司選手

写真

 サッカーJ2のFC岐阜は十一日、美濃加茂市出身のMF益山司選手(26)が現役を引退すると発表した。FC岐阜サッカースクールのコーチに就任する。

 益山選手は岐阜工業高時代、U−17日本代表に選ばれた。卒業した二〇〇八年に、当時J1のジェフユナイテッド千葉に入団し、U−19日本代表入りも果たした。

 岐阜には一三年に加入。一五年まで主力として活躍し、三年間で百二試合に出場した。一六年は膝のけがで十二試合の出場に留まった。クラブによると、一六年の最終戦後に自ら引退を申し出た。クラブからスクールコーチ就任を打診されると快諾した。

 FC岐阜サッカースクールは県内八カ所で定期的に開催され、未就学児と小学生がプレーの基本を学ぶ。

 益山選手はクラブを通じ、コメントを発表。「プレーの場をいただいたFC岐阜のスタッフ、サポーター、関係者の皆さまに心から感謝します」と述べた上で、今後に向け「スクールコーチとして、これまでの経験を岐阜の子どもたちのために生かしていくことで、皆さまへの恩返しが少しでもできればと思います」と話した。

 (鈴木凜平)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索