トップ > 岐阜 > 1月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

酒蔵貸しとっくり22点展示 高山、蓑輪さんコレクション

酒蔵のとっくりを集めた蓑輪さん=高山市上二之町で

写真

 昭和にかけて使われていた飛騨地域の酒蔵全十二軒の貸しとっくりが、高山市上二之町の高山信用金庫さんまち通り支店で展示されている。二月末まで。

 同町の「ミノワ薬店」の蓑輪忠典さん(75)が約三十年前から集めている大小二十二点。貸しとっくりは「貧乏とっくり」とも呼ばれ、酒屋が客に貸し出した陶磁器。蓑輪さんによると、昭和十年ごろからガラス瓶が普及し、姿を消していった。

 とっくりには各酒蔵の名前が堂々と書かれ、貸出先を管理する文字なども記されている。蓑輪さんは「大坪酒造の小と高木酒造(現奥飛騨酒造)の大があれば、全てそろうが見つからない。酒蔵めぐりもあるので、季節感を味わってほしい」と話した。

 (坂本圭佑)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索