トップ > 福井 > 2月5日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

真っ赤なイチゴ、春の息吹 坂井市坂井町

次々と収穫される真っ赤なイチゴ=坂井市の伊藤農園で

写真

 暖冬傾向が続く中、坂井市坂井町木部東の伊藤農園では、イチゴの収穫が最盛期を迎えている。立春の四日は、四棟計十二アールのハウス内で甘みと酸味のバランスが良い品種「紅ほっぺ」などが真っ赤に色づき、春の息吹を感じさせていた。

 農園では高さ約一メートルの棚に、発泡スチロールと石の繊維でできた「ロックウール」を敷き、約一万株を水耕栽培している。土を使わないため病気が発生しにくく、約三カ月間じっくり育てられるとあって糖度は一六度以上あり、甘みが凝縮されるという。

 伊藤浩一代表(52)は「大きいものは百三十グラム以上に成長し、女性の握りこぶしほどにもなる。こだわりのイチゴをぜひ食べてみて」と自信をみせる。農園直売所のほか、あわら市のJA花咲ふくい農産物直売所「きららの丘」にも並ぶ。 

 (藤井雄次)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索