トップ > 福井 > 10月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

越前市に工場を増設 信越化学工業が知事に報告

工場の増設を西川知事(手前)に報告する石原専務(左)ら=県庁で

写真

 化学製品メーカー大手の信越化学工業(本社・東京)は、越前市池ノ上町の工業団地で、半導体製造用の回路パターン基板を製造する工場を増設する。同社の石原俊信専務らが十一日に県庁を訪れ、西川一誠知事に報告した。

 石原専務は、人工知能(AI)やスマホなどの根強い需要を念頭に「半導体需要はこれからもますます旺盛になる。この(回路パターン基板)事業も、それに伴って大きくなるものと確信している」と説明した。

 西川知事への説明後、新機能材料部の岡秀明部長は「武生の土地はきれいな環境。人材も真面目で、規律正しい労働力が得られる」などと、越前市での増設を決定した理由を明かした。

 増設する工場は三階建て、延べ床面積六千平方メートル。二〇一六年十月に操業した池ノ上分工場に、百四十億円をかけて増設し、新たに十人程度を雇用する。来年二月の着工、二一年四月の完成予定。

 (清兼千鶴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索