トップ > 福井 > 10月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

今後の大雪対策、県が冊子に 道路、鉄道・バスの各分野

県が2月の大雪を踏まえてまとめた「今後の大雪に関する対策」=県庁で

写真

 県は、今年二月の大雪から得た課題や教訓を踏まえた冊子「今後の大雪に関する対策」を作成した。道路、鉄道・バス、燃料供給などの各分野での対応方針をまとめた。

 全六十九ページ。県管理道路で渋滞が続いた対策としては、監視カメラの増設や、除雪車約五百台の衛星利用測位システム(GPS)取り付けなどで、除雪効率をアップさせる。

 テクノポート福井の民間油槽所周辺などの除雪が進まず、ガソリンスタンドでの在庫不足を招いた経験から、最重点除雪路線を見直す。大雪前には、県民に「マイカーの燃料を満タンにしておくように」と呼び掛ける。

 国道8号や北陸自動車道については、国などがまとめた除雪体制の強化策を記した。えちぜん鉄道と福井鉄道は分岐器の凍結を防いだり、踏切除雪に道路管理者が協力したりし、できるだけ運休しない体制を整える。

 今回の対策は、九月定例県議会で県側から説明された内容。冊子にし、県危機対策・防災課のホームページで閲覧できるようにした。

 (尾嶋隆宏)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索