トップ > 福井 > 9月15日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

足羽山のビジターセンター15日開設 福井市

足羽山で見られる動植物の情報などを誰でも自由に書き込める自然マップ=福井市自然史博物館で

写真

 福井市が足羽山の市自然史博物館内に整備していたビジターセンターが十五日にオープンする。イベントや周辺の飲食店情報を紹介することで、足羽山の魅力を発信することを目指す。

 センターは博物館内の百平方メートルほどの空間で総事業費は二千万円。足羽山の飲食店情報や動植物の情報が映し出されるディスプレー二台のほか、足羽山の地図も設置。地図はホワイトボードになっていて、職員のほか訪れた人も、お勧めの場所を書き込める。

 足羽山に生息するモリアオガエルや昆虫も展示。動物の毛皮、笏谷(しゃくだに)石を触れるコーナーも設けた。二階のテラスは、これまで館内では禁止だった飲食ができるようになり、テーブルも設置した。

 同館の冨田修一課長補佐は「足羽山の魅力を感じられる情報を紹介していくので、新しくなった動物園と合わせてたくさんの人に楽しんでほしい」と期待した。

 (片岡典子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索