トップ > 福井 > 9月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

青蓮寺の国重文・観音菩薩像を公開 若狭歴史博物館

公開されている美浜町青蓮寺の観音菩薩立像=小浜市の若狭歴史博物館で

写真

 美浜町佐柿、青蓮(しょうれん)寺の本尊で国の重要文化財に指定されている木造観音菩薩(ぼさつ)立像が、10月8日までの期間限定で小浜市の若狭歴史博物館で公開されている。

 ヒノキの一木造り。高さは53.4センチ。腕やひざに掛かる衣の彫りの特徴から、10世紀の平安時代の作とされる。ハスをかたどった像の台座はのちに作られたものという。寺は無住で、博物館が像を管理している。今回は若狭地方の仏像を紹介する常設展「若狭のみほとけ」の一角で公開。ガラスケース越しに間近で拝観でき、入館者の注目を集めている。

 博物館の担当者は「腰をわずかに左側にひねった姿は優美でしなやか。洗練された姿から、都の仏師が彫ったとも考えられる」と話している。観覧料は300円。第3日曜の家庭の日は無料。時間は午前9時から午後5時まで。25日は休館。

 (池上浩幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索