トップ > 福井 > 9月8日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

苫小牧行きフェリー出港 敦賀港、不安や焦り乗せ

出発前の手続きを進める乗船客ら=敦賀市の敦賀フェリーターミナルで

写真

 北海道の地震で現地への交通手段の多くが遮断される中、新日本海フェリーの苫小牧東港行きが七日未明、通常通り敦賀港(敦賀市)を出港した。急きょ北海道へ帰る人や災害支援に向かう人が、不安と焦りが入り交じる中、船に乗り込んだ。

 六日午後十時ごろから、乗船客が敦賀フェリーターミナルに集まり始めた。二階の待合フロアでは、乗船手続きを終えた人がテレビの地震のニュースを見つめていた。フェリーは七日午前零時半に出港。ほぼ予定通り同日午後八時五十分に苫小牧東港に到着した。

 震度7の厚真町出身で神戸のプロ和太鼓楽団のメンバー畑嶋春美さん(25)=神戸市=はもともと北海道演奏ツアーの出発日だった六日、地震発生の報を受けた。現地からの要請もあり、とりあえず北海道へ向かうことにしたが、新千歳空港行きの飛行機が欠航のため、フェリーに変更した。

 両親と兄弟が住む同町の実家からは、六日午前三時半に電話が来た。「無事でひとまずほっとしたが、家が傾いていて中に入れないと聞き、やはり不安です」。午前五時ごろ、テレビに映った地元の壊滅的な被害に「信じられない」と目を疑った。

 実家に一度戻る予定で、不足しているという米と缶詰をかばんに入れた。「現地の状況を実際に目で見て確認してから、自分に何ができるか考えたい。演奏で皆さんを勇気づけられれば、それが一番いいのだが」と話し、船へ向かった。

 震度5強を観測した恵庭市の谷幸二さん(70)は三日、フェリーで敦賀に到着し、足掛け六年目となる日本一周旅行で夫婦で自家用車に乗り九州に向かっていたが、島根県で地震を知り、急きょ引き返してきた。「五十七日間の計画で楽しみにしてたのに六日で終わってしまった。家がどうなっているか分からない」と疲れた表情を見せていた。

 災害支援に向かう国土交通省中部地方整備局(名古屋市)の先遣隊二十六人は、作業を支援する照明車五台とともに乗船した。安田幸男・総括班長は「安全を確保しつつ、被災地域の方々の一刻も早い復興を支援したい」と話した。

 自動車部品メーカー(愛知県刈谷市)に勤務する岡戸隆明さん(48)=同県幸田町=は、停電で止まった千歳市の工場へ復旧支援に向かう。「電気がなければ、破損や不具合も目視で点検するしかありません」と表情は硬かった。

 新日本海フェリーによると、乗客は約百二十人。旅行客でキャンセルが出ているが、災害派遣のトラックなどもあり、人数に大きな変動はなかった。

 (高野正憲)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索