トップ > 福井 > 9月6日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

もんじゅデータ、送信が2度停止 停電で回線障害

 原子力規制庁は五日、廃炉作業中の高速増殖原型炉もんじゅ(敦賀市)で一時、原子炉の状態を把握する国の緊急時対策支援システム(ERSS)にデータを送信できなくなるトラブルがあったと発表した。台風21号による停電などの影響で通信回線に障害が発生したという。

 もんじゅを管理する日本原子力研究開発機構によると、同日午前三時ごろ、民間通信会社の中継局で障害が発生し、データを送信できなくなった。午前九時前に一時復旧したが、まもなく再び停止。午後三時すぎにデータ送信を再開した。

 停止中はファクスで原子力規制庁にデータを送信。先月末に始まった使用済み核燃料の取り出し作業に影響はなかったという。

 (今井智文)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索