トップ > 福井 > 9月4日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

商店街でユニーク運動会 ボウリングや二人羽織

ボウリングに挑戦する参加者たち=福井市中央1で

写真

 JR福井駅周辺で二日、「まちなか運動会」が開かれた。歩行者天国になった商店街の通りで一風変わった競技が繰り広げられ、多くの家族連れでにぎわった。

 市などが、駅周辺の商店街などににぎわいをつくるために年数回開いている「まちフェス」の一環。三十メートルのレーンで球を転がすロングボウリングのほか、おろしそばを食べる二人羽織の体験コーナーなどに家族連れが挑戦。障害者スポーツ大会の競技体験コーナーもあった。

 地面に描いた円を目がけて約八トンのバスを押す「カーリング」のコーナーも。子どもたちは家族や友人とバスを押すと、走って前に回り込み、バスの行方を見守っていた。妹やいとこと参加した福井市日光二、こども園年少の橋本康佑ちゃん(3つ)は「バスは重たかったけど、皆と一緒に上手に押せた」と笑顔だった。

 (片岡典子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索