トップ > 福井 > 8月31日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

底引き網漁解禁へ準備作業追い込み 県内各漁港

出漁準備で活気づく三国港=坂井市三国町で

写真

 九月一日に底引き網漁が解禁される。県内各漁港では、関係者がロープや網などの装備確認や資機材の積み込みなどを終え、出漁準備を進めている。

 三国港機船底曳(そこびき)網漁協所属の漁船を中心に十一隻が出漁する坂井市三国町の三国港では二十九日、トラックが行き交う中、漁師らが黙々と作業。今月中旬から網を近海用に取り換え、ロープを補強するなど準備を進め、この日は保冷用の氷の積み込みや資機材の最終確認などに追われた。

 今年は福井市中央卸売市場など全国の中央卸売市場が九月二日に休場となるため、例年より一日遅い同一日正午に各漁船が出港し、沖合四十〜八十キロに向かう。甘エビやアカガレイなどの初競りは二日午後六時半から、三国港にあるJF福井漁連三国支所(三国魚市場)で始まる。

 越前町漁協からは四十四隻が出漁予定。八月三十一日夜から九月一日未明にかけて出発し、二日午前九時から初競りがある。

 (北原愛)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索