トップ > 福井 > 8月28日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

北陸新幹線の駅や速さ、子ども向け冊子に 県が配布

北陸新幹線を紹介する児童向けの小冊子=県庁で

写真

 北陸新幹線敦賀開業を二〇二三年春に控え、行政や経済界でつくる県建設促進同盟会は、工事や駅舎、車両などを紹介する児童向けの小冊子を作成した。出前講座や工事現場の見学会などで配布し、開業への機運を高める。

 名称は「新幹線が福井にやってくる!」。大きさは縦二十一センチ、横十五センチで、二十四ページフルカラー。四千部を用意した。表紙は越前市出身の鉄道写真家南正時さんの作品を採用した。

 冊子では、外観デザインが決まった県内四駅や福井−東京間が最短二時間五十三分で結ばれると説明。トンネルなどの工法のほか、北陸新幹線が雪に強い理由も盛り込んでいる。

 県新幹線建設推進課の担当者は「四年半後に新幹線がやってくる。冊子を見て関心を持ってほしい」と話している。

 (山本洋児)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索