トップ > 福井 > 7月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

眠気ぶっ飛ぶ!?クマのはく製 道の駅名田庄に“出没”

ドライバーの眠気を吹き飛ばそうとするツキノワグマ=おおい町名田庄納田終の道の駅名田庄で

写真

 夏の行楽シーズンが本格化するのを前に、京都方面からのドライバーでにぎわう国道162号沿いの「道の駅名田庄」(おおい町名田庄納田終)に、交通安全を呼び掛けるツキノワグマが“出没”した。

 今年四月に地元猟師によって道の駅に連れてこられた体長約一・五メートルのはく製。「交通安全」と書かれた蛍光色のたすきを身にまとい、道の駅の少しはずれにあるトイレと自販機コーナーの近くにたたずむ。

 迫力ある姿に屈強なバイク乗りたちも目を真ん丸に。眠気も少し覚めたようで、思い思いに携帯写真に収めると若狭湾を目指して出発していく。

 道の駅の秋庭康介さん(29)は「トラウマ(心的外傷)にならないよう、小さいお子さんがトイレにいく際には、ついていってあげて」と、親子連れには注意も呼びかけている。

 (山谷柾裕)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索