トップ > 福井 > 7月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

3カ国語版マップ制作 越前市、居住の外国人に向け

ポルトガル語、中国語、ベトナム語でスポットが記された越前市の観光マップ=越前市福祉健康センターで

写真

 越前市内に四千人余が居住する外国人に観光スポットを巡ってもらおうと、市はポルトガル語と中国語、ベトナム語版の観光マップを制作した。

 マップはA3サイズで、各言語ごとに用意。位置関係が分かりやすいよう広域地図となっていた既存のサイクリングマップを活用し、主要な三十カ所をそれぞれの言語で記している。武生中央公園など中心市街地のほか、越前和紙など伝統的工芸品の産地などを幅広く網羅し、市役所など目印となる建物も入れている。

 市民課と市国際交流協会の窓口、市民自治推進課のホームページから無料で入手できる。

 市民自治推進課によると、市が四月から発刊するベトナム語版市広報の寄贈を受けた技能実習生が「休日はショッピングセンターしかいかない」と話していたことがきっかけ。市内の魅力的な場所に行ってもらおうと、居住者が多い各国版観光マップの制作に取り組んだ。翻訳は市から委託を受けた市国際交流協会が担当した。

 北陸新幹線開通に向けて今後もマップを充実させる方向で、同課の中村圭介さん(39)は「市外の外国人も含め、名所を巡って越前市を好きになるきっかけにしてほしい」と話した。

 (問)同市市民自治推進課=0778(22)3293

 (山内道朗)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索