トップ > 福井 > 6月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

サングラスかけて、さぁ夏 鯖江の会社で出荷ピーク

従業員によって次々と検品されるスポーツ用サングラス=鯖江市のジゴスペックで

写真

 夏本番を前に、鯖江市神明町2のサングラス製造販売「ジゴスペック」で、スポーツ用サングラスの出荷作業がピークを迎えている。13日は従業員らが検品作業に追われた。

 鼻パッドがない独自開発商品「AirFly(エアフライ)」を取り扱っている。頬骨の側面に当てるサイドパッドと耳掛けの4点で支える構造で、スポーツの激しい動きや汗でずれにくいのが特徴。サイドパッドにチタン製の芯が入り、かけ具合を調節できる。税抜き1万4750〜2万円で、各スポーツ用品店や眼鏡店で販売している。

 吉村雅喜社長(48)は「国体出場選手にも使ってもらっている。鯖江の技術を生かした商品を広めていきたい」と話していた。

 (山田陽)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索