トップ > 福井 > 6月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

立憲民主党が7月にも県連設立

野田富久県議

写真

 旧民進党を離党した野田富久県議らが十一日、県庁で記者会見し、七月にも立憲民主党県連を設立する考えを明らかにした。同党の福山哲郎幹事長を招いての「キックオフ集会」を今月十七日午後三時から福井市の県国際交流会館で開催し、「福井に立憲民主を作るアドバルーンを上げて本格的な準備に入る」と述べた。

 立憲民主党の県組織設立準備世話人会で共同代表を務める野田氏と越前市の三田村輝士市議は、五月末に立民への入党を申請。ほかに五人ほどの地方議員が、立民入りに意欲を見せているという。集会後、福井駅西口のビルに事務所を開き、規約や役員体制、支援の呼び掛けなど、県連設立に向けた準備を急ぐ。

 国民民主党となった旧民進党の県連とは別の県組織ができることで、支持層が分散し野党の弱体化も懸念される。会見で野田氏は、統一地方選などでの候補擁立に意欲を見せつつ、「できるだけ野党統一し、安倍政権を倒す構図になる方向が望まれるのではないか」と述べ、国政選挙での野党連携を模索する考えを示した。

 (中崎裕)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索