トップ > 福井 > 4月17日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

ネット通話で外国人に観光案内 勝山市ジオターミナル17日開館

外国人向けにインターネットの音声通話を利用した観光案内や土産売り場が設置された勝山市ジオターミナル=勝山市で

写真

 観光交流施設と飲食物販施設を備えた勝山市村岡町寺尾の市ジオターミナルが十七日のオープンを前に十六日、内部の設備や取扱商品などを報道陣に公開した。観光案内所では東京都の国際観光案内所と連携し、よりきめ細かな情報提供を行う。

 ジオターミナルは市と市観光まちづくり会社が共同で建設。敷地面積は約千六百平方メートル、建設費は約二億一千百八十三万円。白を基調とした内装で、来場者が休憩できるスペースも設けられている。

 観光交流施設の観光案内所「勝山ツーリストインフォメーションセンター」では、訪れた観光客を県内各観光地へ誘導するための情報を提供する。森トラスト・ホテルズ&リゾーツが運営する東京駅近くの観光案内所「TIC TOKYO」とも連携し、インターネット通信の音声通話を活用して、東京の観光情報も入手できる。

 TIC TOKYOには英語、フランス語、中国語に精通するスタッフがいるため、音声通話を使って外国人観光客へのより手厚い対応も可能だという。

 飲食物販施設では、恐竜関連グッズを取り扱う土産物店と、恐竜メニューを提供する飲食ブースを設置。土産品店では恐竜に関する菓子やぬいぐるみ、おもちゃなど約千種類を用意。飲食ブースでは、恐竜の牙をイメージして盛り付けたソースカツ丼とおろしそばのセットなどが提供される。

 十七日は午前八時半からオープニング式典が行われる。

 (笠松俊秀)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索