トップ > 福井 > 2月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

保育士対策に193万円 坂井市の新年度予算案

 坂井市は九日、三百八十二億二千三百万円の二〇一八年度一般会計当初予算案を発表した。四月に市長選と市議選を控えているため骨格予算ながら、福井国体開催などの特別経費や小学校の改修、コミュニティセンター(コミセン)の新築・改修などもあり、一七年度当初比0・3%減と通常並みの規模となった。十四日開会予定の市議会定例会に提案する。

 主な事業としては、「市保育士バンク」を設置するなど安定的な保育士確保対策に百九十三万円、交流人口拡大と福井港活性化へクルーズ船誘致事業に四十二万円、福井国体実行委員会負担金三億七千五百万円。北前船寄港地フォーラム実行委員会への補助金三百万円などを計上。

 このほか、コミセンの建設・耐震改修で、三施設の新築と四施設の改修費用に十八億一千二百七十三万円、大石、春江西両小の大規模改修に四億二百十万円、北陸新幹線対策事業に二億八百五万円を盛った。

 公債費は合併特例債の借り入れ増加に伴い元金の償還が増えた。歳入では緩やかな景気回復を背景に、個人の所得増や企業収益増を見込んだ。

 特別会計と企業会計を合わせた当初予算の総額は、前年度比1・3%減の五百九十五億二千六百三十七万円。

 (中田誠司)

写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索