トップ > 福井 > 1月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

新谷さんがグランプリ ミス・ユニバース福井大会

グランプリに輝いた新谷さん=福井市フェニックス・プラザで

写真

 世界一の女性を目指す「2018ミス・ユニバース・ジャパン」の福井大会が十三日、福井市フェニックス・プラザであり、グランプリに福井市の医師、新谷万智子さん(27)が輝いた。七月に東京で開かれる日本大会に県代表として出場する。

 これまで福井では大会がなく、県外で開かれるオーディションで県代表を決めてきた。「誰でも美しくなれるんだということを福井から発信したい」と、大会委員長を務める美容師の東久保正一さんらが中心となって県内で初の開催にこぎ着けた。

 ミスユニバース部門には、県ゆかりの約三十人の応募者の中から事前審査を通過したファイナリスト四人が出場。美容関係者ら約三百人が見守る中、ダンスやウオーキングなどをして審査員に魅力を伝えた。

 新谷さんは「医師として子宮頸(けい)がんの患者と多く触れ合ってきた。県代表の発信力を生かして、早期発見の一助になりたい」と意気込んだ。

 このほか、一般部門に十八歳から六十歳までの約四十人が出場。脚や目、耳などに障害がある女性六人も含まれ、ファイナリストたちと一緒にウオーキングなどを披露した。

 (小川祥)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索