トップ > 福井 > 12月8日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

岸本投手「2年後にプロ復帰目指す」 中日から戦力外 

2年後のプロ野球復帰に向け、再起を誓う岸本投手=鯖江市内で

写真

 プロ野球・中日ドラゴンズから十月に戦力外通告を受けた岸本淳希投手(敦賀気比高出身)が七日、鯖江市内で本紙の取材に答え、来季は社会人野球の日立製作所(茨城)でプレーし「二年後にプロへの復帰を目指す」と再起を誓った。

 岸本投手は十一月にあったセ・パ両リーグの十二球団合同トライアウトに参加。直球、スライダーのキレが良く、打者四人に対し二つの三振を奪った。「シーズン中もこんなふうに投げられたら良かった」と振り返る。

 トライアウト直後に日立から連絡をもらったが「正直、プロ球団から連絡が来ると思った」。一週間が経ち、球団からの連絡がなかったことから入社を決めた。

 日立は社会人野球で力のある上位チーム。その中で、岸本投手は投球フォームを固めることに重点を置きたいという。「プロにいた時は、フォームが毎年のようにばらついて調子の波があった」と反省の言葉を口にした。

 年明けから本格的にチームに合流する。「新天地での不安はあるが、自分に足りないところを吸収して、常時球速150キロを超える直球を投げ続けたい」と力強いまなざしで、どん底からはい上がる決意を示した。

 (谷出知謙)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索