トップ > 福井 > 11月15日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

県産野菜使ったベジラーメン ミシュラン店と開発、福井で発売

スープや麺にカボチャを使用するなど県産野菜をたっぷり使ったベジヌードル=福井市のベジヤードで

写真

 福井市高木中央一の飲食店「ベジヤード」が飲食店の格付け本ミシュランガイドに掲載された東京のラーメン店とタッグを組み、県産野菜をふんだんに使ったラーメンを考案した。「ベジヌードル」と銘打ち、ベジヤード内に十五日にオープンする「ベジノイロ」で提供を始める。

 ミシュランガイドで星による評価対象ではないものの、安くてお薦めできる店を紹介する「ビブグルマン」に掲載された「ソラノイロ」(東京)がプロデュースして、一年がかりで開発した。スープは、ポタージュのような濃厚な味わいが特徴。麺にはあわら市産のカボチャを練り込み、スープがしっかりと絡むよう平打ちの太麺にした。カボチャとクリームチーズのペーストをスープに溶かし、味の変化も楽しめる。ブロッコリーやダイコンなどトッピングの野菜は季節に合わせて変えるという。

 ソラノイロ代表の宮崎千尋さん(40)によると、一般的なラーメンより低カロリー。「健康的で栄養のある、ここでしか食べられないオリジナルの麺を楽しんで」と話す。

 ベジヌードルの価格は九百円。鶏がらベースのスープに福井梅を載せた梅塩ソバ(八百五十円)も、もう一つの看板メニューとして販売する。営業時間は午後六〜十時。定休日は月、金曜日で祝日の場合は翌日に振り替える。

 (清兼千鶴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索