トップ > 福井 > 9月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

みそテーマに新店舗建設 福井の米五

新店舗「みそ楽」のイメージ図=米五提供

写真

 みそなど製造販売の米五(福井市春山2)が、発酵食料理を提供するカフェスペースを備えた新店舗「みそ楽」の建設を進めている。来年4月末の完成を予定し、カフェは7月下旬のオープンを目指す。多田和博社長は新店舗を「みそに関連したテーマパーク」と位置付け、観光客らを呼び込みたい考えだ。

 新店舗は、道路を挟んで本社北側に建設。八月末から仮設工事をしている。鉄骨二階建てで延べ床面積は五百八十四平方メートル。一階に物販コーナーと事務所、通販用の出荷場などを設け、二階にカフェや体験教室用の部屋を設置する。総事業費は約二億四千万円。

 同社はこれまで、本社に隣接するみそ工場の見学や、みそづくり体験の希望者を受け入れてきた。新設するカフェでは、みそなどの調味料を使ったメニューを提供する予定。多田和博社長は「製造から食事まで一貫してやれる。売っておしまいではなく、最後の食べ方まで提案したい」と話す。

 みそづくり体験はこれまで一回につき六人限定だったが、新店舗では一度に約三十人を受け入れることができる。ワークショップなども行い、観光客向けのプチギフトの販売も計画している。来秋の福井国体や二〇二三年春の北陸新幹線敦賀開業を控え、多田社長は「観光客が訪れる一つの選択肢になれば」と期待を込める。

 (中場賢一)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索