トップ > 福井 > 6月19日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

はじけよ乙女、かるた女流選手権 あわらで開催

華やかなはかま姿で、白熱した競技を繰り広げる選手たち=あわら市温泉の清風荘で

写真

 全日本かるた協会主催の第四十九回女流選手権大会が十八日、あわら市温泉三の清風荘であった。

 名人位・クイーン位戦、全日本選手権、全国選抜大会と並ぶ四大タイトルの一つ。

 七十代から小学生まで全国から過去最多の計二百九十六人が出場した。県内からは六十四人がエントリーした。

 試合は三階級に分かれてトーナメント戦をした。主会場の三百畳の大広間は、色とりどりのはかま姿の選手で埋まり、熱戦が続いた。

 この大会は、例年会場となっている小倉百人一首殿堂「時雨殿」(京都市)が改装中のため、競技かるたで活性化を図るあわら市と県かるた協会が誘致した。

 (北原愛)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索