トップ > 福井 > 6月7日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

「黒子のバスケ」主要キャラの眼鏡再現 鯖江の山森眼鏡

漫画「黒子のバスケ」のキャラクターが掛けているものを再現した眼鏡=鯖江市の山森眼鏡で

写真

 バスケットボールが題材の人気漫画「黒子のバスケ」の主要キャラクターが掛ける眼鏡を、鯖江市糺(ただす)町の眼鏡フレーム製造「山森眼鏡」が再現した。レンズの下側を縁取るフレームと、長方形が特徴のデザイン。山森元太社長(48)は「漫画やアニメの眼鏡を再現することが、鯖江の若い眼鏡職人のモチベーションになれば」と話している。

 再現したのは、主人公のライバル・緑間(みどりま)真太郎の眼鏡。柄の内側には背番号「6」と、ユニホームに書かれた学校名と同じロゴの刻印がある。キャラクターの画像などを参考に試作を重ね、一年ほどかけて完成させた。

 大手玩具メーカー「バンダイ」(東京)の眼鏡ブランドと三年前から協力し、人気漫画などでキャラクターが掛けている眼鏡やサングラスを忠実に再現してきた。

 山森社長は「漫画の中の眼鏡は登場人物の表情の一部。怒ればつり上がり、笑えば垂れ下がる。つかみどころが難しい」と苦労を話す。

 幼い頃からロボットアニメなどが好きだったという山森社長。再現したい漫画やアニメの眼鏡はまだ数多い。「いつか海外のアニメイベントで、作った眼鏡を手売りしてみたい」。視野は世界に広がっている。

 世界に誇る鯖江の眼鏡ブランドだが、課題も感じている。「意欲的な若い職人は多いが、やはり安い眼鏡に顧客は流れる。目標が見えにくいのでは」と懸念する。だからこそ「職人が自信を持って商品を作るきっかけをつくりたい」と意気込む。

 黒子のバスケの眼鏡は、ケースや眼鏡拭きなどが付いて一万五千百二十円。注文は「バンダイ」公式ショッピングサイト(「プレミアムバンダイ」で検索)で受け付けている。

 (玉田能成)

 <黒子のバスケ> 2009〜14年に週刊少年ジャンプ(集英社)で連載された藤巻忠俊原作のバスケットボール漫画。影の薄さを武器にした黒子テツヤら誠凛(せいりん)高校バスケ部が日本一を目指す姿が描かれる。緑間真太郎は超長距離のシュート力を持つ選手。コミックス発行部数は1〜30巻で3000万部以上。テレビアニメに加え、17年3月から映画が公開中。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索