トップ > 福井 > 5月20日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

坂井・瀧谷寺の本堂など国重文に

観音堂の広縁。梁に植物の文様が彫り込まれ、上部には組物が多く用いられている=県教委提供

写真

 国の文化審議会が十九日、重要文化財(重文)に追加指定するよう答申した建造物のうち、県内では坂井市三国町滝谷一にある真言宗智山派の古刹(こさつ)「瀧谷寺(たきだんじ)」の本堂や観音堂など五棟が対象となった。近世を中心とした寺の建物が密集して残り当時の姿を伝えていることが評価された。境内の建物のうち鎮守堂が既に重文となっているため、県内建造物の重文指定は二十七件で変わらない。瀧谷寺は南北朝時代の一三七五(永和元)年創建。追加指定された五棟は本堂、観音堂、方丈および庫裏、開山堂、山門。山門正面の本堂は一六八八(貞享五)年に建てられ、梁(はり)には装飾で施された植物の文様が入る。福井藩主が庭を楽しむ場所として設けられた座敷を備え、七代藩主の松平吉品(よしのり)らが領内の視察やタカ狩りに出掛けた際、立ち寄った記録も残る。

 観音堂の梁にも本堂と同様に植物の文様が彫り込まれ、いずれも福井藩の大工の特徴を示す華やかな意匠が見られる。本堂とほぼ同時期に建てられた台所の庫裏と、住職が接客や対面のために使う部屋の方丈は、建築当初の姿をとどめている。

 これらの複数の建物が良好な姿で保存されていることは中世から近世に発展を遂げた寺院建築の変遷を理解する上で歴史的な価値が高く、福井藩の大工の特徴も示しているとして指定された。瀧谷寺は境内東側の高台にある鎮守堂が北陸では希少とされる中世の建築として一九六二(昭和三十七)年に重文指定されているほか、本堂奥の庭園も国名勝となっている。

 (清兼千鶴)

◆祈りの場所、価値も守る住職

 瀧谷寺の本堂などを重文に追加指定するよう答申されたのを受け、地元の関係者からは歓迎の声が相次いだ。

 「歴代の住職が守ってきたもので、檀(だん)信徒の信仰があったからこそ。国からも価値があると評価をいただきありがたい」。貝谷隆慧住職(43)は追加指定をこう喜んだ。瀧谷寺は国宝「金銅宝相華文磬(こんどうほうそうげもんけい)」(声明の合図などに使われていた工芸品)や重文を数多く所蔵する。多くの観光客も訪れるが「信仰がなければ単なる建物。祈りの場所として守りながら文化財としての価値を損なわないように」と心掛ける。

 坂本憲男市長は「寺全体が国の貴重な文化財として広く認知されることになる」と歓迎。市観光連盟会長で三国會所(かいしょ)理事長の大和久米登(くめと)さんも「人々に三国を感じさせてくれる象徴の一つ。三国の歴史をまちの活力に生かしていかないといけないときに大変ありがたい」と、北前船で栄えた三国湊の活性化にプラスになると喜んだ。

 (中田誠司)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索