トップ > 福井 > 3月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

越前市の愛山荘など、国登録有形文化財に

愛山荘の主屋=越前市若竹町で

写真

 国の文化審議会は十日、地元名士の別邸だった「愛山荘」(越前市若竹町)の主屋や離れなど九件と、「西野家住宅」(同市定友町)の主屋や茶室など六件を国の登録有形文化財に指定するよう松野博一文科相に答申した。

 近く答申通り指定され、県内の国登録有形文化財の建造物は百八十一件となる。

 愛山荘の一連の建物は、蚊帳の生産などで財をなした山甚商店の六代目が大正初期から昭和初期にかけて建てた。庭園を囲むように主屋や離れ、石蔵、茶室などが並ぶ。木造二階建ての主屋は、深いひさしのある縁側がつくられるなど数寄屋風の意匠。

 西野家住宅は、越前和紙産地の五箇地区にある民家で、現在は空き家。離れや蔵などを含め、江戸末期から昭和初期にかけて建てられた。主屋は玄関に面して卯建(うだつ)を立ち上げた「妻入(つまいり)卯建」が特徴で、今立地区特有の建築様式が見られる。

 県教委生涯学習・文化財課の担当者は「答申された建造物は、近代和風で非常に保存状態が良い。地域の誇りとなり、多くの人に見てほしい」と話している。

 (山口育江)

西野家住宅=越前市定友町で

写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索