トップ > 福井 > 3月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

小浜線に快速列車を 知事、JRに運行働き掛けへ

 県議会は九日、予算決算特別委員会を開き、長田光広委員(県会自民党)ら八人が質問した。JR小浜線での快速列車運行について、西川一誠知事は「今後、若狭湾エリアの新たな地域構想の検討に合わせ、JR西日本に働き掛けたい」との意向を示した。

 西本正俊委員(無所属)が質問した。北陸新幹線の敦賀以西が小浜−京都ルートで決定したことを受け、県は四月から小浜市を中心に若狭湾エリアの新たな地域構想を検討する。

 ただ、小浜線は全線単線のため、快速列車を一定の頻度で走らせるには、駅での行き違いを可能にしたり、車両数を増やしたりすることが必要となる。西川知事は「もっと乗っていただく住民、地域運動が根っこになければ困難」とも述べた。

 若狭町と滋賀県高島市を結ぶ琵琶湖若狭湾快速鉄道の事業中止を受け、県と嶺南六市町が積み立ててきた基金計八十億円の活用策は年内に決まる。県によると、小浜線での快速列車運行も使い道の一つとして検討される可能性がある。

 (山本洋児)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索