トップ > 福井 > 3月4日の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井

火元特定できず、通行止めは解除 越前市商店街火災

道路に搬出された火災のがれきを撤去する作業員ら=越前市蓬莱町で

写真

 越前市蓬莱町の総社通り商店街で起きた火災で、越前署は三日、実況見分を打ち切った。火元や原因の特定には至らなかった。

 署員五人が火元とみられる居酒屋など五店舗が入る木造二階建ての建物を調べた。署によると、この建物の燃え方が最も激しいが、二階部分が焼け落ちていることなどから、実況見分を続けても特定するのは難しいと判断した。今後も聞き込みなどの捜査を続ける。

 市は、この日から、商店街の総社通りに搬出されたがれき六十トンを撤去。午後四時半ごろ、火災以降から続いていた総社通りの通行止めが解除された。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索